節句のお祝いに贈る五月人形【子供の成長を願って】

子供
  1. ホーム
  2. 男子の健康を願う飾り物

男子の健康を願う飾り物

破魔弓

初正月に親族から贈る

しめ飾りや鏡餅など、わが国では正月にさまざまな縁起物を飾る習慣がありますが、男子の初正月、つまり男の子が生まれて初めてお正月を迎える家にあっては、これに破魔弓が加わります。破魔弓は、新しく生まれてきた命を祝福するとともに、健康と長久を願って飾るものです。人形店などからさまざまなタイプのものが販売されており、多くは神社で配られる縁起物としてもおなじみの破魔矢とセットになっています。破魔弓は古くは母方の実家からの贈り物として準備されるのがしきたりとされてきましたが、現代ではそれほど厳格ではありません。親族が費用を負担しあっても良いとされています。なお、飾る時期は12月の中旬から1月15日ごろまでとされています。

特別な力の象徴

わが国では古代より、弓には特別な霊力があるとされてきました。そのため、宮中では弓の弦を鳴らしてその音で邪気を祓ったり、弓矢で的を射て吉凶を占ったりする儀式が古くから行われていました。この的を「はま」と呼び、それに「破魔」の字を当てたことから破魔弓を縁起物として尊ぶようになったと言われています。破魔弓を男子の初正月の祝いに贈るならわしは江戸時代ごろに習慣化し、徐々に一般にも広まるようになりました。現在では、全国的に広く行われています。現代の破魔弓には先述したように破魔矢とセットになったものや、太刀の飾り物が添えられているものなど、さまざまな種類があります。それぞれに込められた意味があるので、それを参考にして最もふさわしいものを選ぶのが人気となっています。